日々のあれこれ

日々の生活をよりよくするための情報を発信しています。

損したくない人必見!カタログギフト☆何を選べばお得なの??

f:id:emalife:20170705094530j:image

 

結婚式の引き出物の定番といえばカタログギフト。

皆さんも一度はもらったことがあると思いますが、

好きなものを注文できて嬉しという反面、

どれがお得なのか迷ってしまいませんか?

そこで何を選べば得をするのか調べてみました☆

 

お得な商品を狙う関西人は何を選ぶ?

関西人はただで手に入るものでも決して損はしたくない。
ということで街の100人にアンケート調査☆

 

結果がこちら

第1位  食器

第2位  包丁

第3位  雑貨

第4位  生鮮食品

第5位  加工食品

第6位  フルーツ

第7位  お酒

第8位  ブランド品

第9位  デパ地下ブランドグルメ

第10位  チケット(体験系)

 

という結果になりました。

果たして関西人はちゃんと得しているのでしょうか?

 

商品のお得度☆

実はこのランキング結果はカタログ業界の

仕掛けにまんまと乗ってしまってしるのです!

ですが、まず勘違いしてほしくないのは、

3000円のカタログギフトであれば、

定価も3000円のものを載せているということです。

掲載されている商品の定価は基本的に同じ値段なのです。

 

ただ、定価が同じでも得をするものがあります。

例えば100円均一の販売価格は全て100円ですが、

その中で製造原価が10円のものだったり、

80円のものだったりと違いがあるので、

今回はそういった観点からの損得の比較になります。

なので、お得商品=原価が高い商品といえます。

 

本当にお得ランキング☆

 

第10位  食器

f:id:emalife:20170705094821j:image

関西では1位だった食器ですが、ランキングでは

まさかの最下位という結果に。

この理由は食器は大量生産、大量ストックが

できるので安くなります。

更に、この原価の低い食器を選んでもらうために

ある罠が仕掛けられています。

食器は大量生産できるということで多種類の

食器がカタログに載せられています。

なので選ぶ人の要望に合ったものが見つかりやすく

食器を選んでしまうことが多いようです。

商品数を多くのせ選択肢を与えるという作戦に

見事引っかかってしまっています。

 

 

第9位  包丁

f:id:emalife:20170705094943j:image

食器、包丁、鍋。この3つがベスト3に

入ってくる原価が非常に抑えられる商品です。

メーカー側からすると頼んでもらえると

ありがたい商品であります。

 

 

第8位  雑貨

f:id:emalife:20170705095132j:image

食器と同じように大量生産、大量ストックが

できるので雑貨が8位にランクイン。

 

 

第7位  加工食品

f:id:emalife:20170705095331j:image

加工食品は長期保存できるため、

食品の中では得をしないという結果に。

 

 

第6位  生鮮食品(肉、蟹など)

f:id:emalife:20170705095538j:image

生鮮食品は収穫量によって日々、原価が変動します。

なので定価があって ないようなもの。

肉などの生鮮食品はグラム数で簡単に原価調整できるため

コストが低く抑えられます。

 

 

第5位  フルーツ

f:id:emalife:20170705095616j:image

フルーツは生鮮食品の中でも保存期間が短いので

適切な状態で出荷しなければなりません。

手間賃がかかるのでコストも上がります。

フルーツはお客さんの元へ届いた時に

熟れてしまっていたというクレームがきたりすると、

それに対してもう一度送り返さなければいけない

とことでコストが更にかかります。

カタログ業界からするとフルーツには大きな

リスクがあるといえます。

 

 

第4位  お酒

f:id:emalife:20170705095703j:image

お酒には酒税や輸送費がかかるため、

原価が高くお時なジャンルです。

得するアイテムといえます。

 

 

第3位  ブランド品

f:id:emalife:20170705095856j:image

ブランド品は調べたら値段が出てくるので

安くはできませんが、カタログの見栄えのために

載せないわけにもいきません。

ですが新作や人気商品は自分の店で売りたいため、

カタログには不人気商品しか入って来ず、

選ばれることは少ないようです。

もし、お目当のブランドで好みのものがあれば

即決すべきです❗️

 

 

第2位  ブランドグルメ

f:id:emalife:20170705100240j:image

ブランドグルメも第3位のブランド品と

同じ理由で2位にランクイン。

 

 

第1位  チケット(体験系)

f:id:emalife:20170705100401j:image

意外にも第1位はチケット❗️

ほとんど交換されないため、原価が

高くても掲載されているのです。

チケットを選んでも、交通費など追加で

お金がかかるためほとんど交換されないそうです。

そのため、景色のいい写真を載せることで

カタログ自体の見栄えを良くするために

載せているそうです。

 

おわりに

カタログギフトランキングはこのような結果に。

アンケートに答えてくれた人たちはカタログ業界の

狙いどおりの選択をしていましたね。

ですが多少のお得感の差はあっても、全て同じ

定価のものが記載されているので、自分が欲しいと

思うものを選ぶのがいちばんのお得ではないでしょうか。

皆さんは得していましたか?(^^)