日々のあれこれ

日々の生活をよりよくするための情報を発信しています。

注目!話題の栄養素☆ファイトケミカル(phyto chemical)【あさチャン!より】

皆さんファイトケミカルってご存知ですか?

ファイト(phyto)とはギリシャ語で植物、

ケミカル(chemical)とは科学成分という意味

なんですが、野菜や果物に含まれている成分の

ことです。

 

このファイトケミカルが私たちの体にとって非常に

有益な働きをするんですが、その成分が特に多く

含まれているのが、野菜や果物の中でもこちら。

 

f:id:emalife:20170629075454j:image

 

普段は捨ててしまうような皮や種です。

どうやってこれらを摂取すればいいのでしょうか?

 

ファイトケミカルとは

植物が自然の紫外線、害虫から自らの身を

守るために作っている機能性成分です。

外敵から身を守るため、皮の部分や

遺伝子を守るため種に多く入っています。

 

普段は捨ててしまう部分にたくさんある

ファイトケミカル。

摂取することでどんな効果が期待できるので

しょうか?

 

ファイトケミカルが持っている力とは

・抗酸化作用

・ガンを抑制

・免疫力アップ

・アレルギー炎症を抑える

 

このようにいろいろな働きがあります。

こうした様々な作用から、五大栄養素、

食物繊維に続く第7の栄養素として今、

大注目されているのです。

 

ではどうやって摂取するの?

それは皮ごと食べるんです!

皮をよく洗い丸ごと食べてください。

抵抗がある人はスープにするのがおすすすめ。

 f:id:emalife:20170629083453j:image

 

ファイトケミカルスープといって、

にんじんやカボチャ、玉ねぎ、キャベツ

などを使ってスープにします。

にんじんとカボチャはファイトケミカルが豊富に

含まれているので皮ごと使うのがポイント。

それぞれの野菜を食べやすい大きさに

カットしたら鍋に水と一緒に弱火で

30分ほど煮るだけです。

煮ることで植物の細胞壁が壊れファイトケミカルが

煮汁に出て吸収しやすくなります。

 

野菜くずを使っても栄養満点のスープができます。

 

f:id:emalife:20170629082858j:image

 

この野菜から出たスープでみそ汁や煮物を作っても⭕️

野菜の甘みがあるので砂糖を入れなくてもおいしく

仕上がります。

 

皮ごと食べるというのは知られていても

種や芯の部分まで使う方は少ないのでは

ないでしょうか?

調理の仕方も捨ててしまうくず野菜を集めて

煮るだけなのでとっても簡単です。

作ってから冷凍で2週間もつので家事の

時短にもおすすすめです☆

ぜひおためしください(^^)