日々のあれこれ

日々の生活をよりよくするための情報を発信しています。

人脈を広げてビジネスで成功をつかむ!

 

人脈作りにどんなイメージを持っていますか?

せっかく名刺を交換したのに連絡も取らず、

そのままになっいる人がいませんか?

人脈作りとはただ名刺を交換するだけではありません。

自分に必要な人と出会い、付き合いを続けていくことが大切なのです。

では、どのように出会い関係を続けていけばよいのでしょうか。

 

初対面はプライベート名刺で自己アピール!

f:id:emalife:20170617113929j:image

ビジネスで成功させるには自分ひとりだけの力では到底不可能です。

困ったときや手が足りないときに喜んで手をさしのべてくれる人がいる。

それが人脈の力です。

人脈作りとはたくさんの顔見知りを増やすことではなく、

出会った人全てと仲良くする必要もありません。

必要な人を見極め、その人との関係を築くことが人脈作りといえます。

 

その第一歩に役立つのが名刺です。

名刺は自分の立場や能力を語ってくれる便利なものですが、

支給される名刺は会社の情報や肩書きぐらい。

ここから相手との共通の話題を見つけるのは簡単ではありません。

もっと短時間で効率的に相手との関係を深めるのに

お勧めするのがプライベート名刺です。

趣味や資格、こだわりや好きな言葉など、

多くの情報を書き入れてください。

もらった相手もその情報から共通点を見つけることができ、

そこから話が広がれば短時間で打ち解け、お互いを知ることができます。

 

会話をするなかで大切なポイントは、

相手が何に興味があるか、ニーズは何か

など相手の言葉から注意深く読みとってください。

仕事上の付き合いは人と人のつながりが欠かせませんが、

そのつながりは仕事よりもプライベートな話題からの方が深まりやすいのです。

 

勉強会やセミナーなどの場では、同じものに興味を持つ人が

集まるので話が合いやすく、よりよい人材に出会う確率も

高くなるので是非、参加してみてください。

 

関係を強化する

 f:id:emalife:20170617114535j:image

初対面で意気投合しても関係が続かなければ意味がありません。

この人脈を継続させるには相手にもメリットがなければいけません。

このメリットは仕事上のものでなくても大丈夫です。

相手との会話から得たプライベートな情報から、相手にとって有益なもの

例えば ‘’人‘’ ‘’機会‘’ ‘’情報‘’ など提供できることを示してください。

 

もしこのようなメリットを提供できなかったとしてもまだ諦めないでください。

‘’この人と話していると楽しい‘’ ‘’一緒にいると元気になれる‘’

などプラスな感情を持ってもらえれば人脈はつながります。

 

人脈がなかなか続かないという人にありがちなのは、

頼みがあるときだけ連絡したり、何かをつかむために利用しようとすること。

仕事は全くできないのに上司や取引先に気に入られている

という人が周りにいませんか?

こういう人は仕事以外で相手に何らかのメリットを与えているはずです。

このような人脈力は特殊能力ではなく、意識さえすれば

誰でも手に入れることのできるスキルです。

 

人と人をつなげる

f:id:emalife:20170617114239j:image

親しくなった人からお客さんや優秀な人材を紹介してもらった。

これは人脈作りがビジネスチャンスにつながった成功例です。

この流れを作るには自分自身が信頼される人になることが前提です。

 

まず、自分が紹介されるとしたらどんな

売りがあるのか客観的に考えてみましょう。

そして紹介されやすい人になるために知識を深め、

自分の武器を増やしていくことが大切です。

 

また、自分の人脈を活用して人と人を積極的につなげましょう。

これで更に相手との関係が深まり、本当に自分が困ったときや

協力が欲しいときに力になてもらえます。

自分の行いは巡りめぐって返ってきます。

目先の利益にとらわれず、長期的な関係を築くことが成功への第一歩です。

 

おわりに

人脈は自分自身が魅力的で相手に提供できる何かがないと輪は広がりません。

そのために日々のチャレンジとスキルアップを怠らず、

仕事を離れた場でも繋がれる人脈を作り、付き合いを続けていくことが大切。

それが成功をつかむためのチャンスになるはずです。