日々のあれこれ

日々の生活をよりよくするための情報を発信しています。

毎月+400円で得をする!お得に年金をもらうカラクリ

f:id:emalife:20170614084116j:image

 

毎月の国民年金保険料に月額+400円するだけで、

老後に貰える年金の量が増える

「付加年金」を知っていますか?

付加年金とは文字通り、国民年金に付け加える年金という意味です。

 

・収める保険料は?           

月額400円 × 480ヶ月〈20歳から60歳までの40年間払った場合〉

    ↓↓↓

総額で19万2000円

 

65歳から年金を受け取った場合

国民年金・満額支給で年約77万9300円ですが

付加年金を収めていれば、+年9万6000円が、

この65歳の年に加算されます。

 

続いて66歳の年にも、年金額は前年と同じく

国民年金77万9300円+付加年金9万6000円が貰えます。

 

ですからこの2年間で収めた付加年金の額が

戻ってくるという計算になります。

 

ここからが大事です!

 

67歳の年にはまた

国民年金77万9300円+付加年金9万6000円を貰うことができます。

 

生きている限り、毎年この9万6000円が上乗せされていくのです。

 

 

では付加年金はどれだけお得になるのでしょうか?

5年後の70歳になれば+38万4000円のお得に。

80歳では  +134万4000円の得

86歳では  +192万0000円の得

90歳では  +230万4000円の得

100歳では   +326万4000円の得

付加年金を収めていない人に比べ月々400円で

これだけのお得をゲットできるのです。

ただこれは40年間払い続けた場合の計算になるのでご注意を。

 

では今からじゃ遅いの?

と思われる方、大丈夫です。

まだ間に合いますよ!

 

例えば40歳からこの付加年金に加入した人の場合

月々400円 × 20年間 = 9万6000円を収めると

受給額は毎年+4万8000円です。

 

50歳から加入した場合

月々400円 × 10年間 = 4万8000円を収めると

受給額は毎年+2万4000円です。

 

ただ、注意点もあります。

・年金受給前に亡くなってしまった場合でも

   保険料の返還はありません。

・国民年金は物価の変動によって金額が

   多少変わってきますが、付加年金の金額は変わりません。

 

加入条件は?

・65歳以下の第1号被保険者のみが加入できます。

・会社勤めの方や厚生年金、国民年金基金に

    加入している方は対象外です。

 

ただこんなケースもあります。

会社勤めの方が60歳で退職したあと任意で国民年金に加入し、

65歳までの5年間だけ付加年金を支払うということもできます。

その場合、5年間の付加年金保険料は2万4000円で

付加年金受給額は毎年+1万2000円となります。

 

このような制度もあるということを、色んな選択肢の中の

1つとして考えてみるといいかもしれませんね(^^)

ただ注意点には気を付けて頂いて、市区町村の役所、

年金事務所に申請、相談をされるといいかと思います。