日々のあれこれ

日々の生活をよりよくするための情報を発信しています。

カフェインの取り過ぎが死を招く?

f:id:emalife:20170606181545j:plain

先月、アメリカの16才の少年がカフェインの取りすぎで死亡した

というニュースがありました。

カフェインという身近なものからなぜこのようなことが

起こったのでしょうか?

 

少年は、二時間の間に数種類のカフェインが入った

飲み物を飲みました。

カフェラテ、ソーダ、エナジードリンクの三種類です。

健康で、心臓には全く問題がなかった少年の死因は

不整脈による心臓発作と言われています。

 

原因はカフェインの量ではなく、その飲み方と

短時間に集中したというところにあります。

どのエナジードリンクを飲んだのか未だ不明ですが、

大きいサイズのものであったと友人達が

証言しています。

 

幼い子供や若者にエナジードリンクは安全だという

テスト結果はまだ出ておらず、副作用として心拍や

血圧の変化が実証されています。

ほとんどのエナジードリンクにはコーヒー三杯分の

カフェインと、ティースプーン14杯分の砂糖が

入っており、

 

⚫カフェラテ                 142mg

⚫ソーダ                     90mg

⚫エナジードリンク     240mg

 

このように、亡くなった少年は二時間の間に

470mgものカフェインを摂取していていました。

少量であれば集中力を高めたり眠気覚ましにも

使えますが、400mg以上摂取すると人は震えや

神経過敏、不眠などの症状が出てきます。

 

1日にコーヒー2,3杯程度であれば全く問題はありませんが、

大量に摂取をする場合は死を招く恐れがあります。

 

健康な成人が一日に摂取しても安全と言われる上限はそれぞれ

 

⚫コーヒー4杯

⚫缶コーラ10本

⚫小さめのエナジードリンク2本

 

成長期や妊娠中の人はこの量よりもっと少なく、

幼児には与えるべきではありません。

私もコーヒーや紅茶などを日常的に飲みますが

アルコールや煙草に気を使うのと同じように、

カフェインの摂取量にも注意しなければいけません。

皆さんもお気を付けください。